カテゴリー: 未分類

招待客のことを考える

結婚式は2人が一番の主役なので、二人のやりたい結婚式場がベストです。ただし、結婚式の招待客のことも少し考えるようにしましょう。
例えば最近はハワイなどで結婚式を挙げる場合も多くなっています。そして今は海外旅行も安くなったこともあって、ハワイ程度なら友達なども結構招待することもあるのではないでしょうか。

その場合、上司などの場合は交通費やホテル代を出すこともありますが、ほとんどは招待客が負担するということも多いようです。ハワイに行って見たかったという人はいいきっかけになったと思うこともあります。
しかし特にハワイに興味がなかったり、お金をためている最中の人などはとても負担となります。

そのため結婚式に招待する人を、しっかり選ぶこともあるのです。そして交通費やホテル代を用意できない場合は、極力少ない内々の人だけを招待するようにしましょう。基本的には費用を出すことができる人以外は招待すべきではないかも知れません。せめて交通費だけは出すようにしなければ、軽い気持でご招待はできません。

やはり招待する人のことも考えて、みんなから気持良く祝福されることが大切です。招待客のことを考えた結婚式も、二人らしい結婚式と言えるのではないでしょうか。

選ぶポイント

これほどさまざまなタイプの結婚式があり、結婚式場がある中でどんな結婚式場を選ぶのかというポイントを考えてみましょう。まず二人の希望が大切です。その希望にできるだけ近い結婚式を予算内におこ慣れるものを選ぶことが大切です。

しかし自分たちの望むかたちがあまりはっきりしていない場合は、まずいろいろな結婚式場をチェックしてみましょう。
まず料理の美味しさ。結婚式場で開催している試食フェアなどを有効に利用して、あらかじめチェックをしておきましょう。次にカジュアルなのか、重厚なイメージなのか。自由度はどのぐらいなのか。洗練されてた演出やスタイルが期待できるのか。また格式や高級感があるのか、ラフな感覚なのか。オリジナル感が出せるか。リーズナブルかなどチェックをしてみましょう。

例えば格式を大切にしたいのか、カジュアルを希望しているのかによってもまったく違ってきます。また料理を重視したいのか、演出と豪華さが大切なのか。結婚式を行う環境、土地、場所などにこだわりがあるかなどによっても、選ぶ結婚式場は変ってくると思います。

結婚式を挙げたい特定の地域があれば、そこから探すという方法もあります。そしてその地域に特化した結婚式もいいのではないでしょうか。
例えば海の近くならリゾート感覚の結婚式や海上結婚式などもおすすめです。山に囲まれているところなら、近くの神社や教会で式を挙げ、近くのロッジ風レストランで披露宴というのもいいかも知れません。

自由な結婚式場

結婚式のスタイルは今さまざまあります。最近では自分たちの行いたい理想のたちで、結婚式を行うこともできるのです。
その種類もいろいろあり、2人だけで海外で結婚式を挙げて新婚旅行も兼ねてしまうというタイプも人気があります。これは2人以外誰も出席しないので、逆にお金もかからないし面倒なこともないというものです。
もちろんこのような結婚式はつまらないという人の場合は、さまざまな結婚式があります。

例えば結婚式場専門の式場で挙げたり、ホテルの結婚式場で挙げるタイプ。そしてお気に入りのレストランで行う結婚式や、ゲストハウスでの結婚式もあります。
また教会での結婚式と近くのレストランを貸し切ったり、神社で結婚式を行い近くのホテルで披露宴をするなど、本当にそれぞれのタイプがあります。特に最近はゲストハウス結婚式やレストラン結婚式は、それぞれ結婚式専用のものも増えています。

もちろん海外で結婚式を挙げる場合もあるでしょう。この場合はどうしても日本から呼ぶ人は少なくなるのでこぢんまりしたものとなりますが、日本でもう一度行うカップルもいます。
また登山が趣味のカップルなどは友達もその関係が多いので、南アルプスのふもとの教会で結婚式を挙げたりする場合もあります。
またマリンスポーツが好きなカップルなら、海上結婚式などもおすすめです。
このように結婚する二人が一番ピッタリする結婚式が一番いいのではないでしょうか。しかし呼ばれる側にとってはちょっと頭の痛い結婚式もあるようです。